1. 奨学金ガイド HOME
  2. 奨学金だけじゃない!教育ローンのすべて

奨学金だけじゃない!教育ローンのすべて

“教育ローン”ってなんだろう??

奨学金だけじゃない!教育ローンのすべて

「教育ローン」という言葉をお聞きになられたことがある方は多いと思います。しかし、一体どのようにものなのかを詳しくご存知でしょうか。
まず「教育ローン」とは、教育に関する費用に使うことを限定して、金融機関がお金を貸してくれることです。つまり、進学に際しての入学金や授業料、下宿にかかる費用などを、国や銀行などの金融機関から借りることができる制度のことです。名前が表しているように、もちろん教育に関することに限定しているのであり、教育ローンを借りて車を購入するといったことは当然ながらできません。では、「奨学金」制度とはどう違うのでしょうか。

奨学金制度との違い

奨学金にも「貸与」があるため、「貸与」=お金を借りることから、「教育ローン」と混同してしまう方が多くいらっしゃいますが、奨学金と教育ローンでは、貸付時と返済時の2点に大きな違いがあります。
まずは、誰がお金を借りて、その借りたお金を誰が返すのかという点です。奨学金の場合、学生・生徒自身が、大学や高校などを通じて申込をし、卒業後にその学生・生徒自身が返還していきます。保護者は連帯保証人になることはあっても、実際にお金を受け取り、そして返すのは生徒の役割です。しかしこれに対して教育ローンの場合は、お金を借りるのも返すのも保護者になります。保護者の方が金融機関で、ローンの申込や手続きをして、保護者名義の銀行口座に入金され、そして保護者自身の銀行口座から毎月ローンが引き落とされて返済することになります。
そしてもう1点は、お金の受け取り方に違いがあります。日本学生支援機構などの奨学金は、毎月5万円などの金額を卒業までの毎月受け取ります。一方教育ローンは、借りようと希望する金額を、審査がOKとなれば一括で受け取ることができます。つまり、100万円借りたいと思えば、金融機関の審査さえOKとなれば、それを毎月分割で受け取るのではなく、100万円を一括で入金してもらうことができるのです。

教育ローンの種類

これらの教育ローンは、いくつかの異なる金融機関や会社が行なっています。そのため、それぞれに条件や審査が違います。最もポピュラーなのは、「国の教育ローン」と呼ばれる国民生活金融公庫の教育ローンです。続いて、銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協なども行なっています。一般の消費者金融会社で扱っている場合もありますので、それらを検討の際は、内容をよく比べることが大切でしょう。教育ローンの詳細は、各機関の窓口または、パンフレットなどでも案内されていますが、以下の詳細ページからも教育ローンに関する違いを比べていただけます。

国民生活金融公庫の教育ローン

国が全額出資する政府系金融機関で、国民生活金融公庫法という法律に基づいて運営されている公的な機関の教育ローン。お申込みの流れや条件を詳しく紹介します。

詳しくはこちら

銀行の教育ローン

大手銀行や地方銀行などで行なわれている教育ローンです。入学や授業料などの学納金を使い道として、300万円前後の貸与を受けられます。大手銀行の例を参考に紹介します。

詳しくはこちら

信用金庫の教育ローン

入学金や授業料など教育資金全般を融資の対象としている点は、他の金融機関と同じですが、私立中学入学金など融資の範囲や条件、サービスがオリジナル化されている場合も多いようです。

詳しくはこちら

労働金庫の教育ローン

労働組合や生活協同組合の働く仲間が、お互いを助けるために資金を出しあって作った協同組織の金融機関の教育ローンです。営利を目的とせず、労働者の福利厚生のために運営されています。

詳しくはこちら

農協の教育ローン

農協(JA)の教育ローンです。農協は全国にたくさんありますが 、独自の教育ローンを扱っています。融資金額や条件がさまざまですので一例を参考にしてみました。

詳しくはこちら

  • お金がないけど進学したい!そんな時の奨学金制度!
  • きっとあなたの力になる!奨学金のすべてをご紹介!

  • 新聞奨学会って何?