奨学金ガイドは全国の学校の奨学金情報を検索して、学校資料を請求できる奨学金ポータルサイトです。

専門学校ガイド

東海学院大学

東海学院大学

男女共同の大学として新たな発展へと向かう本学は、前身である東海女子大学のときから同じ建学の精神のもと、社会への有用性に溢れる視野の広い人材を輩出し、学問研究の発展に努めてきました。これまでに培った伝統を継承しつつ、子どもから高齢者までの心と身体の健康に関する教育・研究をさらに掘り下げていきます。そして、国際時代の大学の役割と社会的責任を担い、地域の「知の拠点」として地域文化の伝統と創造を追求し続けていきます。

特待生情報&奨学金

日本学生支援機構 第1種奨学金(無利子貸与)

【概要・資格条件】
◆自宅通学者
最高月額 54,000円
最高月額以外の月額 40,000円/30,000円/20,000円

◆自宅外通学者
最高月額 64,000円
最高月額以外の月額 50,000円/40,000円/30,000円/20,000円

日本学生支援機構 第2種奨学金(有利子貸与)

【概要・資格条件】
20000円~120,000円までの1万円単位の金額の中から申込時に選択(月額)。
・上限年利率3%とする変動金利がかかります。

日本学生支援機構入学時特別増額貸与奨学金(有利子貸与)

【概要・資格条件】
100,000円、200,000円、300,000円、400,000円、500,000円の中から申込時に選択。
・日本学生支援機構が定める金利がかかります。
・公庫の「国の教育ローン」が利用できなかった人を対象とする制度です。

オリコ学費サポートプラン

【概要・資格条件】
株式会社オリエントコーポレーション[提供教育ローン]

進学をあきらめないで奨学金

【対象者】
経済的理由により大学進学が困難な状況にある方で、高等学校を卒業した者もしくは卒業見込みの者(就職内定取り消しにより進路未定の者で、高等学校、大学等を卒業見込みの者を含む)
【対象入試種別】
公募制推薦入試、AO入試、一般入試、大学入試センター試験利用入試
【支援の内容】
支援の採用者には、初年度の入学金の全額および授業料の全額または入学金の半額および授業料の半額を免除します。次年度以降は、成績および出席が良好で、家計の経済的困難が継続すると見込まれる方に対し、授業料の全額または半額を継続して支援します。

被災者支援制度

【入学検定料】
公的機関が発行する罹災証明書または被災証明書の提出により免除します。
【対象者】
1.本学への入学資格を有する者
2.本学への入学を強く希望する者
3.公的機関が発行する激甚災害による罹災証明書または被災証明書を提出できる者
【提出書類】
1.公的機関が発行する激甚災害による罹災証明書または被災証明書
2.出願書類一式(出願する入試種別のページを参照)
【免除内容】
1.入学検定料全額免除
2.本学の進学をあきらめないで奨学金への優先対応

沖縄特別奨学金

【対象者】
沖縄に在住する通信制を除く高等学校に通学している高校生で卒業見込みの者
【免除内容】
入学金の半額免除(複数の奨学金を得ることはできません)

所在地 〒504-8511
各務原市那加桐野町5-68
交通情報 ◆JR「岐阜駅」・名鉄「岐阜駅」より岐阜バスC乗り場「東海学院大学・短大前」下車
◆無料送迎バス:JR「岐阜駅」から約20分、JR「美濃太田駅」「多治見駅」「那加駅」「鵜沼駅」、名鉄線「犬山駅」、養老線「北神戸駅」ほか

一括資料請求に追加

日本学生支援機構の
奨学金とその他の奨学金

奨学金といえば、最も有名なのが日本学生支援機構の奨学金です。
平成21年は利用者が約110万人でしたが、令和元年の利用者は約130万人でこの10年間で約20万人も増加したことになります。
日本学生支援機構の奨学金には、金利負担のない第一種奨学金と、金利負担のある第二種奨学金の2種類があります。
日本学生支援機構の他にも、都道府県や市町村が行っている奨学金制度や新聞配達をすることで支給される奨学金もあります。学校独自の奨学金も多数ありますので、これらの奨学金制度を活用して自分を磨きましょう。

  • 新聞奨学金制度って何?
  • 新聞奨学金制度って何?
  • お金がないけど進学したい!そんな時の奨学金制度!
  • きっとあなたの力になる!奨学金のすべてをご紹介!

PR

専門学校ガイド