1. 奨学金ガイド HOME
  2. お金がナイ・・・けど、進学したい!!

お金がナイ・・・けど、進学したい!!

進学はタダじゃないが、利益がある!

お金がナイ・・・けど、進学したい!!

大学に限らず進学にあたって必要なのは、勉強だけではありません。もちろん、学校によって差はあるものの、周知のように、多くの費用が必要になります。学生一人一人の家庭や個人における経済状況は違うため、これによって進学を諦めようと考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、経済的に余裕がないからと言って大学を諦めて、果たして“楽”になるでしょうか。

大学では、勉強や周囲とのかかわりを通じて、本当にやりたいことを見極めたり、見つけたりできる大切な時間を過ごすことができます。また、短大や専門学校では、専門的な職種への就職時に有効な技術を在学期間に身に付けることが可能です。これにより、就職の幅や選択肢が大きく広がるのが、進学の大きな利点です。

さらに、大きく広がった選択肢は、将来のあなたの収入にも大きく関わります。これは、大学を卒業したからこそ働ける会社もあれば、大学を卒業した履歴によって収入が高くなる場合もあるのが現状としてあるからです。また、専門学校の就職率は近年とても高く、即戦力として企業が求めていることが、専門技術や知識を持つ人材を高く評価していることを意味しているからです。

やりがいのある仕事や、納得のいく職場、豊かな生活により出会える道として、進学はあります。こうした将来への糧となる進学を、決して経済的な理由で諦めることがないように、進学資金を助成してくれる制度があるのです。もちろん、全てを頼りきってしまうと、後々の返済負担がないとはいえません。

だからこそ、まずは「何にどのくらいの費用がかかるのか」、「進学することでどういった費用が発生するのか」といったことをよく知り、奨学金を上手に活用した有意義な学生生活を目指して欲しいと思います。

受験から入学までにかかる費用を出してみよう

入学金、前期授業料、受験料・・・、入学までに必要なお金は、これだけではありません。希望する学校の場所や勉強の仕方でも、随分費用が変わるのが落とし穴です。

詳しくはこちら

学校・学部別の年間学費を見比べて想定しよう

高い高いというけれど、一体、年間の学費ってどのくらいかかるのでしょう?まずは大学、短大、専門学校の分野別にかなりの差があることをチェックしてみましょう。

詳しくはこちら

一人暮らしをすると、毎月いくら必要なのか考えてみよう

行きたい学校が近くになければ、一人暮らしという選択に。さて、一人暮らしは、どのくらいの費用がかかるのでしょう。知っておけばお得な節約も紹介します。

詳しくはこちら

  • お金がないけど進学したい!そんな時の奨学金制度!
  • きっとあなたの力になる!奨学金のすべてをご紹介!

  • 新聞奨学会って何?